るさんちまん

技術メモとか雑記とか

メルカリに入社しました

7/31でDeNAを退職し、8/1よりメルカリに入社しました。

DeNAでやってきたこと

DeNAには新卒入社してから6年強、CSでのアルバイトも含めると10年弱お世話になりました。
新卒入社してからはずっと、エンジニアとして内製ゲームタイトルの運用・開発に携わってきました。
数えてみたら6年強で7タイトル経験しており、そのうち4タイトルが「○○ロワイヤル」という名前のタイトルでした。
おそらく社内でもロワイヤル系タイトルを自分ほど経験したエンジニアはいないと思うので、ここで自慢しておきます。

キャリアとしては基本的にはずっとサーバサイドエンジニアでしたが、直近2年間はチームの開発基盤整備や開発効率改善業務を行ったり、Objective-C/Javaでアプリ開発をしたりと様々な経験をさせてもらいました。

サービスマインドが高く責任感の強いチームメンバー、ちょっと怖いけど最高に頼りになるインフラメンバー、職人的にバグを見つけてくれる天才集団のQAメンバー等、
素晴らしいメンバーに囲まれながらゲーム開発を思いきりできたことは、自分の人生にとって貴重な経験となりました。
ファーストキャリアがDeNAで本当によかったと心から思っています。

転職理由

転職の理由はポシティブ/ネガティブ様々ありますが、一番大きかったのは「エンジニアとしてまた一からがむしゃらに仕事をしたい」と思ったことです。

どこの会社にいても起こりうることかと思いますが、新卒で入社して6年も経つと良くも悪くも器用に仕事がこなせるようになります。
例えば、自分の力でぱっと解決できない問題でも社内の有識者に聞くことでスピーディーに解決できるようになります。
また、自分一人で取り組むタスクの中でも力を入れる部分と抜いていい部分がわかってきます。
結果として、短い時間でそれなりのアウトプットを出せるようになってきます。

本来であれば、短い時間で成果を出せるようになった分空いた時間でよりアウトプットの精度を高めたり、別のタスクを行うべきなのですが、ここ最近はそれを行うモチベーションが内的/外的要因によって高められない状態が続いていました。
人生における仕事の優先順位が変わってきたこともありますし、自身の怠惰さに起因する部分もあります。

そのような状態で自分のエンジニアとしての成長が鈍化していく焦燥感があり、自分を変えるか環境を変えるかしてもう一度がむしゃらに仕事をしたいと思うようになりました。
そんな中、業務的にもライフステージ的にも新しいチャレンジがしやすいタイミングだったこともあり、新しい環境に身を置くことで否が応でも頑張らざるをえない状態に自分を追い込むことにしました。

メルカリでやること

CXI(Customer eXperience Improvement)チームでエンジニアとしてCSメンバーが使うツールの開発をします。
DeNAで3年ほどCSのアルバイトをしていたこともあり、CSの業務には思い入れが強いので今から楽しみです。

謝辞

今回の転職に際して、株式会社リブズパートナーズの佐地さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。
また、職務経歴書の添削をしてくれたり、転職にまつわる色々な相談に乗ってくれた id:mameco0417 ありがとう!

最後に、恒例のやつをそっと置いておきます。
https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2BAS2R9ZN7YFP/